HOME>イチオシ情報>色補正フィルターを使ってより美しい写真を撮ろう

色補正フィルターとは?

目で見たそのままの色を再現するためにカメラに使うフィルターです。より実写的で美しい写真を残したいという人にぴったり。

色補正フィルターを使うメリット

様々な種類を使い分けられる

海、山、人物など様々な用途に分けて色補正フィルターを使えば、それぞれに合ったより美しい仕上がりになります。

年月が経っても色褪せない美しさを出せる

通常よりも、年数による劣化を防ぐことが出来ます。

自分の満足度が上がる

色補正フィルターを使い綺麗な写真を残すことで、満足感を得られます。

写真のスキルアップが出来る

色補正フィルターを使いこなせば、写真を撮る技術も向上していきます。

より写真を撮る気になる

様々な場所で使ってみたい、と感じるので、お出かけの頻度も上がり楽しい時間を過ごせます。

写真や映像の色が不自然な原因と対処法

色見本

さまざまな情景や場面を記録することができる写真や映像は、今や私たちの生活にとって非常に身近な存在でなくてはならないものとなりました。しかし、残念ながら人間の目に映るものをまったく同じように再現することは、カメラなどの撮影機器や映像機器にはできません。その主な原因は、私たちに視覚することのできない紫外線や赤外線をレンズが感じ取ってしまうからです。この問題を解決するために利用されるのが色補正フィルターです。

補正フィルターの役割と仕組み

アクリル板

写真や映像で、そのままでは人間の目にとって不自然に見えてしまう色を補正することができるのが色補正フィルターです。フィルターには色を反射する3原色のシアン、マゼンタ、黄色と、色の発光の3原色である赤、緑、青の計6種類があります。これら6色を組み合わせることにより、さまざまな色の補正に利用することが可能となっています。色補正フィルターの原料としては、ガラスや化学繊維のほかにゼラチンなども利用されています。

色の補正以外にも広がる活用法

色見本

自然な色を再現するために有効な色補正フィルターですが、用途はそれのみにとどまりません。特定の色を強調したり色を加えたりと意図的に写真や映像に変化を加えることができるため、より自由でこだわりのある表現を生み出すのにも活用することができます。

広告募集中